Vol.106 2018/3/1更新

3ヵ月毎に年4回発行している車内報「一期一会」は、お客様とフジタクシーグループを結ぶコミュニケーションメディアです。 一生に一度かもしれないお客様との出会いを大切にしたい、という私たちの思いができる限り伝わればと思っています。タクシーをご利用の際は、ぜひお持ち下さいませ。

連載コラム

ハーモニックトライアングル6


4月のある日のことである。

配車でお迎えに上がったお客様は、

3ヶ月ほど前、一度お乗せしたことのある女性のお客様であった。

 

「ご乗車ありがとうございます。どちらまでお出でになりますか?」

 

「○○町まで」とおっしゃるお客様の声が、どこか沈んでいるように思えた。

見覚えのある私の顔に安堵したのか、

やおらお客様が「実はね・・・」と、沈んだ表情の訳を話し始めた。

 

病院で知り合った親しい友人が、末期がんで入院していたのだが、

2週間ほど前から一時退院で自宅療養をしているのだという。

退院後、一人暮らしのその友人の家に通い身の廻りの世話をしているのだが、

急に具合が悪くなったので家に来てほしいと、先程電話があったらしい。

胸騒ぎと一抹の不安を覚えながら、急ぎタクシーを呼んだのだと言う。

程なくタクシーは目的地に到着した。

私の仕事は本来ここで終了である。だが、お客様の不安げな表情が気がかりであった。

 

「私がここで少し待っています。何かありましたら声をかけてくださいね。」

 

おせっかいとは思ったが、そのままこの場を離れることはできなかった。 20分程してからであろうか。

 

「運転手さん、ちょっと手伝ってもらえない?」

 

と、お客様が困り切った様な表情で出て来られた。

お客様の了解を得て家の中に入ると案の定、

ベットに寝ている友人を何とか病院に連れて行こうとするのだが、

一人では連れて行けないとのことであった。

 

お客様と一緒に友人を抱えタクシーにお乗せし病院に向かった。

病院に着くと車椅子を借りて病院の救急受付までご案内し、その場を離れた。

 

それから2週間ほど経った頃である。

そのお客様が、あの日のお礼に来られたのである。

 

「その節は、運転手さんに大変お世話になりありがとうございました。

お陰さまで、友人もあれから2週間、命を長らえることができ、最期を悔いなく看取ることができました。」

 

あの日友人を病院に連れて来なかったら、その日が命日になっていたと、

医者から言われたと言う。友人の葬式を終え、その足でお礼に駆けつけてくれたのだ。

 

病院で知り合った友人との「一期一会」、

お客様とタクシードライバーとの「一期一会」の話である。

これからも大切にしたいと思う。

 

INFORMATION

■フジタクシーの車窓から(6)

桜通・小川交差点近くに建つ昭和初期のモダニズム建築のビル。1931年(昭和6年)に東区布池町に竣工され、27年後の桜通の拡幅工事に伴い、12メートル北の現在地へ曳屋(建物を解体せずにオイルジャッキで持ち上げ、並べた枕木の上を押して移動する)されたという逸話が残っています。壁面の頂部分のロンバルジアバンド(連続したアーチ状の装飾)や玄関まわりの石貼りのように見える左官仕事は、当時の職人の技術力の高さを現代に伝えています。隣接する「日本陶磁器センタービル(裏側の旧館が1934年築)」とともに、戦前のビルが都会の真ん中に現存して立ち並ぶたいへん珍しい場所です。

 

■コミュニケーションポケット

<2014名古屋ビヤガーデン>

いよいよ、ビヤガーデンシーズンの到来です!そこで、名古屋で人気のビヤガーデンをいくつかご紹介します。

・何と言ってもビアガーデンと言えば、「マイアミ」です。名古屋三越栄店屋上。

月~金 15:00~22:30 土日祝 11:00~22:30

 

・名古屋ビール園「浩養園」。名古屋人定番のビヤガーデンです。

年中無休    11:30~22:00

 

・柳橋ビアガーデン。いけすのあるビアガーデンです。マルナカ食品センター屋上。

月~金 17:00~23:00 土日祝 16:00~23:00

 

・そして、ミッドランドスクエアのスターダストラウンジ・ビアガーデン。高さ220Mからの絶景をお楽しみください。

6月中      17:00~22:00

7月以降 月~金 15:00~23:00 土日祝 13:00~23:00

 

皆さん、くれぐれも飲み過ぎにはご注意を!

ビアガーデンにはフジタクシーで出かけましょう!