Vol.105 2018/1/1更新

3ヵ月毎に年4回発行している車内報「一期一会」は、お客様とフジタクシーグループを結ぶコミュニケーションメディアです。 一生に一度かもしれないお客様との出会いを大切にしたい、という私たちの思いができる限り伝わればと思っています。タクシーをご利用の際は、ぜひお持ち下さいませ。

連載コラム

テールランプ 73

タクシー乗務員がお客様を大切にする、お客様に 「あのタクシーならもう一度利用したい」 と感じて頂く接客をするのは仕事です。この当たり前のことが、 いまだ完全に実践できていません。 本当に申し訳ありません。

実は、フジタクシーの乗務員に逆のことをきくことがあります。
「ご乗車いただいて本当によかった、救われた、幸せだった。できるならもう一度ご乗車いただきたいと思うようなお客様は、どんなお客様?」の質問。

ご乗車距離の長短などでは勿論ありません。
また、すべてのお客様にご乗車いただくこと自体、大変ありがたいこと、は前提での問いかけです。

多いのは次のような答えです。
お降りの時 「気をつけてがんばって」 と言って頂いたお客様。
ドライバーがご乗車のお礼を申し上げると 「こちらこそ、 有難う (ございました)」 と返して下さったお客様。
「変な意味じゃなく、 愛さえ感じます」



ところで夜回り先生のことご存知ですか。
少年少女の非行や薬物依存症などの問題に取り組んでいる水谷修さんという方です。
繁華街を歩き、多くの少年少女に語りかけ、非行や誘惑から青少年を遠ざける取り組みをしておられます。
それで 「夜回り先生」 と呼ばれるようになったとのこと。

以前は横浜の高等学校の教諭だった水谷さん、いや 「夜回り先生」 と呼びましょう。
夜回り先生は、『中日新聞』にコラムを連載しています。

「明日を求めて・・・」 のタイトルで子供たちに語りかける内容です。

以下は、 今年一月三十日掲載のお話です。


年明けに夜回り先生は知り合いのある人が亡くなった知らせを受けました。
故人はトレーラーの運転手。 奥さんと娘さんが残されました。 娘さんは重い障がいを持っています。

駆けつけた夜回り先生に奥さんが遺された手紙を読んでくれました。 その抜粋です。

「幸恵、 今まで本当にありがとう。 俺は、 たぶんこの入院で戻れないだろう。 :お金持ちの医者の家庭でお譲さんとして育ったお前が、 俺みたいな男と結婚したばかりに、 親や親戚から縁を切られ、 貧しい生活。 つらかったろう。 しかもひかりは重い障がいを持って生まれた。 でも、 お前は本当によくやってくれた。 俺とひかりを本当に愛してくれた。 俺は、 世界で一番幸せな男だった…」

二人を残して死ななければならない。 奥さんへのお詫びで手紙は終わっています。

病気はすい臓がんでした。約一年の闘病生活。最後の入院前には、トレーラーでの仕事に家族三人で同乗。 帰りに東北地方の温泉を回ったそうです。

その人は、娘さんが生まれた時から、奥さんに黙って貯金をしていました。奥さんが夜回り先生に見せてくれた預金通帳、「大変な金額」が積立てられていました。
「私たちと過ごす時が一番幸せと、 なんの遊びもしなかった人です」 と、奥さん。

コラムの冒頭で夜回り先生は、 読者に問いかけています。

「子どもたち、 幸せとは何でしょう。 君たちにとっての幸せとは何ですか」


実は、夜回り先生の問いかけと先のタクシードライバーの答え、さほどずれがあるとは思えないのです。


つらくても、時には悲しくても愛されている。お金持ちとか貧乏とかではなく。ほんの瞬間であろうと、生活の一定の期間であろうと。愛されている、大切にされている実感、それが幸せ。


奥さんは別れるとき言ったそうです。

「先生、 私は幸せです。 だってあの人がたくさんの幸せな思い出を残してくれたから」

ご乗車、 ありがとうございました。

INFORMATION

■フジタクシーで行く名古屋近郊花の名所 (56)

今回は、「中村公園」 をご紹介します。

ご存じ中村公園は、太閤通りにそびえる赤い大鳥居をくぐり、参道を北へ10分ほど進んだところにあります。

豊臣秀吉生誕の地といわれるこの場所に、 明治18 年(1885 年)に創建された秀吉を祀る豊国神社に併せて開設された緑豊かな公園です。

公園には豊国神社を中心に、日本庭園や有料の茶室、香りの園などがあり、秀吉にちなんだ関白池、太閤池、ひょうたん池などがあります。
また、園内には中村図書館、秀吉清正記念館、中村文化小劇場などの文化施設があり、ちょっとした都会のオアシスとして人気の公園です。

参道では毎月 9 のつく日に 「九の市」 が開かれ多くの露店で賑わいます。

実はこの中村公園、藤の隠れた名所としても有名なのをご存じでしたか?

ひょうたん池のほとりに大きな藤棚があります。
藤の見ごろは 4 月下旬から 5 月上旬と短い期間ではありますが、
それはそれはみごとな大房の藤の姿が、訪れる人の目を楽しませています。

春ののどかな 1 日を中村公園でのんびり過ごしてみてはいかがでしょうか?

※所在地 名古屋市中村区中村町木下屋敷

・地下鉄東山線 「中村公園駅」6番出口から徒歩7分

休日にはフジタクシーで、ぜひ「中村公園」へお出かけください!

■名古屋市内 お花見スポット

さあ、 お花見のシーズンになりました。 名古屋市内で有名なお花見スポットをいくつかご紹介します。

スポット名 所在地 見ごろ 夜桜 売店
黒川・御用水跡街園 北区 3月下旬~4月上旬 ×
鶴舞公園 昭和区
山崎川四季の道 昭和区 ×
名古屋城・名城公園北園 中区
庄内緑地公園 西区 × ×
平和公園 千種区 × ×
天白川と植田川 天白区 × ×
弥富公園 瑞穂区 × ×
大高緑地公園 緑区 3月下旬~4月下旬 ×
荒子川公園 港区 4月上旬


休日にはフジタクシーに乗ってお花見へGO! !