Vol.105 2018/1/1更新

3ヵ月毎に年4回発行している車内報「一期一会」は、お客様とフジタクシーグループを結ぶコミュニケーションメディアです。 一生に一度かもしれないお客様との出会いを大切にしたい、という私たちの思いができる限り伝わればと思っています。タクシーをご利用の際は、ぜひお持ち下さいませ。

連載コラム

ハーモニックトライアングル9

2月の、とある日の新聞です。〈客室乗務員の心遣いに涙〉のタイトルに目を引かれました。港区の71 歳女性からの投稿記事です。
 函館で一人暮らしをしている義姉が倒れたとの連絡を受け、お見舞い行った帰りに乗った飛行機での一幕が紹介されています。
 寝たきりになった義姉と、東京に家族を置いて看病に駆けつけた姪の心痛を思いながら、切ない気持ちで窓から見える景色にぼんやりと目をやっている時でした。通りかかったCAさんが「ご気分はいかがですか?」と、落ち込んで見えたくだんの女性を気遣ってくれました。CAさんに義姉のお見舞いについて伝えたところ、「私は強い幸運の持ち主です。お姉さまは絶対に治りますよ」と両手を強く握って励ましてくれたそうです。
 と、ここまではありがちなお話しと思いました。感動はここから先のお話しです。
 飛行機が下降体勢に入ろうとしたころです。先程のCAさんが、「私たちでお姉さまの回復を願って心を込めて折りました」と言って、赤い水引で連ねた折り鶴を手渡してくれるではありませんか。搭乗員の安全を第一に気ぜ わしく働きながら、沈んだお客さまの気持ちに寄り添ってくれたことに感動し、女性は溢れる涙を止めることができませんでした。
 タクシー業も同じ旅客運送業です。タクシーにとって、お客さまの気持ちに寄り添った接客とは何だろう?考えさせられました。
 実は先日、お客様からフジタクシードライバーにお礼のお手紙が届きました。内容はこうです。
 「昨夜、ナゴヤドーム前を流しで走っていたフジタクシーの〇〇さんの車に乗りました。荷物が多い私と、赤ちゃんで乗車し、昭和区の〇〇町まで行ってもらった時、たいへん親切にして頂きました。荷物と赤ちゃんで大変そうなのを感じていただいたようで、優しい物腰で積極的に行動してくれて、どうしたら私の助けになるかと思ってくれる気持ちが伝わってきてすごく嬉しかったです。ありがとうございました」
 先のCAさんとドライバー、お客さまを想う気持ちは同じなのだと思い嬉しくなりました。
 これからもお客さまの気持ちに寄り添えるタクシーであり続けたいと思います。
 ご乗車ありがとうございます

INFORMATION

■フジタクシーの車窓から(9)

伏見通(国道19号線)と大須通が交わる「西大須交差点」近くにあるレトロな雰囲気のビルです。「NISI OSU BLDG.」とローマ字で書かれたタイル貼りの壁面、飾り柱や両開き窓に特徴がある比較的新しい外観から、完成して数年しか経たない印象を受けますが、元は1921年(大正10年)に建築された歴史あるビル。過去には老舗のライブハウスも入居し、数多くのライブが開催されました。誕生から88年を経過した2009年(平成21年)にリノベーションによって大規模な改造を受け、昔からある良い部分を残しながらも、現代的なビルへと生まれ変わりました。大正、昭和、平成と3つの時代を生き抜いてきた、西大須にはなくてはならない存在感のある建物です。

■コミュニケーションポケット

桜の季節がやってまいりました。今回は、名古屋近郊の夜桜スポットをいくつかご紹介します。
 まずは、名古屋城と名城公園北園です。見頃は4月上旬まで。ライトアップは20時までで、駐車場、トイレ、夜店があります。
次にご存じ鶴舞公園です。見頃は4月上旬までで、ライトアップは21時30分まで。駐車場、トイレ、夜店があります。少し足を延ばして岩倉市五条川の桜並木はいかがでしょうか?川の両岸に延々と並ぶソメイヨシノが4月上旬まで楽しめます。ライトアップは21時30分まで。トイレ、夜店があります。その他にも、山崎川四季の道や荒子川公園など。
 爽やかな春風に誘われて、フジタクシーに乗って夜桜見物にでも出かけてみませんか?