『運送約款』を一部変更いたしました。

2017/08/21

株式会社フジタクシーグループ

『運送約款』の変更
タクシー車内での暴力行為、モラハラ・セクハラに対し
フジタクシーグループは毅然とした対応をいたします。

平素はフジタクシーをご利用いただき誠にありがとうございます。
株式会社フジタクシーグループ(株式会社第一フジタクシー 、有限会社第二フジタクシー、有限会社第三フジタクシー)では、下記の通り『運送約款』の一部を変更させていただきました。

近年、駅員や乗務員への暴力行為、セクハラ・モラハラ行為が増加傾向にあり社会問題となっておりますが、タクシー車内でも同様な事例が増加し、安全な運行を阻害する事案が発生しております。
具体的には、酔客が運転中の女性ドライバーの体に触るセクハラ行為、禁煙車内での喫煙、無理な要求を迫る、乗務員を罵倒するなどの事案が挙げられます。
このような行為は犯罪行為です。

当社では2016年から新卒タクシー乗務員採用を開始し、女性乗務員採用にも積極的に取り組んでおります。若い乗務員をはじめとし、すべての乗務員が安心して乗務し、ご利用いただくお客様に安全な走行をご提供できる環境を整備するため、【運送約款】を変更しタクシー車内での暴力行為、セクハラ・モラハラ行為に対して厳正な対処を可能とさせていただきました。

フジタクシーグループはタクシー車内のモラハラ・セクハラ行為は許されない犯罪行為であることを車内に掲出し、タクシー利用におけるモラル向上を図り、皆様に安心、安全な運行をご提供できるようにサービスの充実に努めさせていただきます。ご理解ご協力いただきますようお願い申し上げます。

■運送約款の変更追加箇所(一部抜粋)

【禁煙車内での喫煙行為に対して】
当社の禁煙車両(禁煙車である旨を表示した車両をいう。次項において同じ。)内では、旅客は喫煙を差し控えていただきます。
2 旅客が当社の禁煙車両内で喫煙し、又は喫煙しようとしている場合、運転者は喫煙を中止するように求めます。旅客がこの求めに応じない場合には、運送の引受け又は継続を拒絶する他、旅客が降車するまでの運賃及び掛かったその他の料金を求めるとともに、喫煙が継続された場合は営業を中止して車両の清掃を行いますので、その清掃代金と営業中止における損害の賠償を求めます。

【ハラスメント行為に対して】
旅客の当社の運転者に対する法令の規定又は公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為(本条において、セクシャルハラスメント、モラルハラスメントその他の旅客の発言、行動等が旅客の意図に関係なく、当社の運転者を不快にさせ、尊厳を傷つけ、不利益を与え、又は脅威を与える行為(以下、「ハラスメント」という。)をいう。)を差し控えていただきます。
2 ハラスメントがあった場合、運転者はハラスメントの中止を求め、旅客がこの求めに応じない場合には、運送の引受け又は継続を拒絶する他、運転者又は当社の判断において警察等へ通報します。また、ハラスメントにより生じた損害の賠償および、慰謝料を請求します。

詳細はこちら